認識トレーニング - 頭脳のための「ワークアウト」
認識トレーニングはパフォーマンスを向上させるための、いろいろな頭脳トレーニング含みます。認識トレーニングの基礎となっているのは「根本的」な能力を改善することであり、それは多くの人々に天性的に備わっているものとして誤解されています。コーディネーション能力や注意力コントロール、周辺視野力、認識力などの能力は「生まれたつきの天性」ではなくどちらかと言うとトレーニングで能力向上が可能なスキル技能です。 認識力工学の科学的根拠はこれらスキルの評価と分析に集約されています。この科学の特に注目すべき点は認識トレーニングです:人間の頭脳の能力を高めることでパフォーマンスを向上させます。
バスケットボール認識力トレーニングツール
バスケットボール認識力トレーニングを開発する際に、研究者たちは、バスケットボールの試合でトップのパフォーマンスに要求される頭脳スキルを図式化しました。
認識力スキル - バスケットボールの各分野を図式化
認識シュミレーション
認識力の各スキルを認識シュミレーションでトレーニング
この図式をもとに、ACEの研究者はまったく同じスキルをシュミレーションするシステムを開発しました。
このトレーニングツールはビデオゲームのようにデザインされていますが、まじめにトレーニングに取り組めばこのスキル又は頭脳のトレーニングは実際のバスケットボールの試合で要求されるスキルと同じであることがわかります。
頭脳にゲームをさせます
それぞれのプレーヤーはPCにCDをインストールします。プログラムが開始するとインストラクションが表示されます。プレーヤーは自分の宇宙船のパフォーマンスが最高になるようにそれに装備された武器を使用します。効果を出す為には約30分ほどのセッションを週1回から3回おこなうことをお勧めします。トレーニングのレベルは徐々に高くなっていき、ほとんどの場合、8回目から10回目のセッションを終了する頃には、実際のコート上でもその効果がわかるようになります。
ACEのユニークな専門技術
高度なパフォーマンスを分析してそれをコントロールする認識スキルを図式化して、さらに効率化させる特殊なトレーニングマシーンを作り上げます。人間の高度な活動をコントロールする頭脳力を図式化して頭脳訓練のためのフィットネスプログラムを作成します。
最初の「頭脳ジム」のアプリケーションは、戦闘機パイロットをトレーニングするために使われ、約30%のパフォーマンス向上を達成しました。最近ではACEの研究者がバスケットボールのゲームをコンセプトにしました。奇妙な話ですが、ジェット機を操縦するのとバスケをするのは似ていることがわかってきました。プレッシャーのなかで素早い意思決定をすること、シュートの選択、予測、実行、チームワーク、空間認識は共通のスキルです。
© 2009 イースポーツラボ All rights reserved | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシポリシー |